無痛分娩の何が問題?

最近、ある女優さんが無痛分娩をして、ブログで非難されることを心配していたのをニュースで読みました。日本は先進国の中ではまだまだ無痛分娩に消極的ですよね。病院によっては無痛分娩を行っていない病院もありくらいです。
日本人が自然分娩にこだわる理由の一つとして、「痛みに耐えてこそ母親になれる」という考えが根深くあるのだと思います。
私は自然分娩と無痛分娩、どちらも経験ありますが、両方経験した立場から言わせてもらうと、二人の子供の愛情に全く違いはないです。生まれた瞬間の感情も同じでした。
約10ヶ月お腹で守ってきた我が子、分娩方法で愛情に差が出るわけがないと思います。陣痛の痛みは、脳が忘れるようになっているのに、お腹痛めないと母親として一人前じゃないなんて考え方は全く理にかなっていません。
お産には100人いれば100通りのお産があるのだし、大切なのは無事に生まれてくることだけですよね。赤ちゃんの誕生はどんな形でも神秘的です。

無痛分娩の何が問題?