八百屋のおばあちゃんの素敵なプレゼント

今日はちょっとうれしい出来事がありました。
仕事終わりに旦那さんと待ち合わせて一緒に家に帰ったのですが、せっかくなら帰りに買い物も済ませようといつも行く八百屋さんに立ち寄ることにしました。
閉店時間ちょっと前だったのですが欲しいものは決まっていましたし、さっさと済ませて邪魔にならないように帰ろうとしているといつもの店員のおばあちゃんが挨拶してくれました。

もう1年ほど通っているのでお店のおばあちゃんとは顔なじみで、買い物に行くといつもちょっとしたお話をする仲になっています。
すごく優しくてかわいらしいおばあちゃんなので私も旦那さんも大好きです。
たまに晩御飯のおかずについてアドバイスももらったりもします。

そんなおばあちゃんからなんと今日売り物の焼きそばを二パックもプレゼントされました!
売れ残ってしまったからということでしたが、いつもありがとうと言われ渡してもらってすごくうれしかったです。
何かお礼ができればいいなと思いますが、近いうちに何かおばあちゃんが喜ぶようなものを探してみようと思います。薄毛は、育毛剤と一緒に育毛サプリも摂取した方が効果が現れやすいです

八百屋のおばあちゃんの素敵なプレゼント

こんな気持ちは初めてだけどもう終わり

好きな人がいます。これは今年の一月に喧嘩して失ってしまいましたがこんなに好きな人いるなんて私でも信じられません。私と彼は一ヶ月に一回のライブで毎回すれ違います。それは、客と従業員の関係ですが、毎回なんとなく視線がありふと振り向くと彼がいてそして私も目で追って彼を見ています。なんかロマンティックという人もいますが、そんな綺麗なことではありません。これは、お互い何かを伺って嫌われていないか毎回何か予想しながらお互いを見合っているんです。昔はただ彼が好きで好きでただ見ているだけでいいの目線だったのが今では「嫌わないで」の一言を訴えながら見ているのです。あの日に帰りたいけど、月一回の日を毎回楽しみにしている日々です。
「ごめんね」と「大好き」それだけを伝えたいけれど今ではもう伝えることはできません。ただ見ているだけです。さよならあの時の気持ちと少しの思い出を頭に何回もローテーションしながらこんな毎日と今日を送っています。首イボの治療は簡単です

こんな気持ちは初めてだけどもう終わり

無痛分娩の何が問題?

最近、ある女優さんが無痛分娩をして、ブログで非難されることを心配していたのをニュースで読みました。日本は先進国の中ではまだまだ無痛分娩に消極的ですよね。病院によっては無痛分娩を行っていない病院もありくらいです。
日本人が自然分娩にこだわる理由の一つとして、「痛みに耐えてこそ母親になれる」という考えが根深くあるのだと思います。
私は自然分娩と無痛分娩、どちらも経験ありますが、両方経験した立場から言わせてもらうと、二人の子供の愛情に全く違いはないです。生まれた瞬間の感情も同じでした。
約10ヶ月お腹で守ってきた我が子、分娩方法で愛情に差が出るわけがないと思います。陣痛の痛みは、脳が忘れるようになっているのに、お腹痛めないと母親として一人前じゃないなんて考え方は全く理にかなっていません。
お産には100人いれば100通りのお産があるのだし、大切なのは無事に生まれてくることだけですよね。赤ちゃんの誕生はどんな形でも神秘的です。

無痛分娩の何が問題?