鳴りっぱなしのビープ音

この前、パソコンショップで中古のメモリが安く売っていたので購入しました。家に帰ってさっそく取り付けてみたんですが、コンセントを差し込んだだけでビープ音が鳴るんです。
メモリがちゃんと挿し込まれてないのかな?と思ってしっかり挿してもまたビープ音。ホコリでもたまってるのかな?と掃除してから挿してもダメ。このスロットが壊れてるのかも、と他に挿してもまたビープ音がピーピー鳴り響きます。
いくら安かったとはいえ無駄にはしたくないですから、いろいろ試してみましたが結局全部ダメでした。もうこれはメモリそのものが壊れているに違いないと、買った店に持って行って調べてもらったら正常とのこと。店員に聞いたらどうやら相性が良くないと言われました。
メモリに相性問題があることは知っていましたが、初めてだったのでちょっとした驚きがありました。自分の知っているメモリの相性トラブルは、画面がブルーになるとか挙動が不安定になるとかそういうやつでしたから。まさか、電源も入れさせてもらえないパターンがあるとはね。
で、相性保証はないので交換もできず、相性の悪いメモリと一緒にとぼとぼ帰路についたわけです。いい勉強になったし、幸いにもメモリ自体は正常なので、また別のパソコンを買った時にそれを活用します。
あ、ひとつアドバイスするとすれば、パソコンやその周辺機器は家の近くで買ったほうがいいですよ。トラブルの時に店が遠いと返品とかたいへんですから。VIOラインは、ショーツの摩擦で黒くなります

鳴りっぱなしのビープ音

冷たい味噌汁始めました

味噌は体に良い。
毎日摂った方が良い。
無難なのは味噌汁。わかってはいるけどこれから本格的な夏がやってくる。
味噌汁食べなきゃ、でも熱いの嫌だ、でも味噌汁、、、
ふと冷製スープが頭に浮かぶ。
なら冷たい味噌汁があっても良いのではないか?
気になったので早速ネットで調べてみた。
自分ではすごいアイデアと思っていたが、世間では普通に食べられていた。
特に夏は塩分補給にもなって良いらしい。
作り方は様々。水に味噌を入れて溶くだけというかなりシンプルな方法。これは作ったあとすぐに食べられるが、味気ない印象。
いつも通り作って冷ます方法。これが一番無難だが、覚めるまでに時間がかかる。
私が試して良かった方法。まず自分が作ろうと思っている味噌汁の半分の量の水。味噌は作ろうと思っている人数分の量。あとはいつも通り作る。なのでこの時点では相当に濃い味噌汁が出来上がっている。火から離し少し経ってから残り半分の水を足し、軽く混ぜたら完成。お椀に入れて冷蔵庫へ。
オススメの具は焼き茄子や焼きピーマン。
冷たい味噌汁。若干の抵抗も食べてみたら吹っ飛んだ。味噌汁嫌いの家族が「美味しい」と言ってくれたのも嬉しかった。税の専門家に依頼しています

冷たい味噌汁始めました